3月&乙女座の満月

2018.03.01 Thursday

今日から3月。

春がやってきます。

 

春のお彼岸は、陰と陽、夜と昼の時間が同じになります。

今月は、太陽と月に感謝をして

太陽エネルギーをたっぷりと浴び

肉体にエネルギーを充電して4月を迎えましょう!

 

 

 

 

 

 

 

3月2日 9:52 乙女座の満月です。

今月は満月が2回あるので、

2回目の3月31日の満月はブルームーンと言います。

 

乙女座の満月は、整理整頓をして

生活習慣を見直すと良いですよ。

 

必要のないものを手放し

春を迎えてくださいね。

 

 

今月もマンナのお客様が幸せでありますように。

このブログを見てくれている人が笑顔でありますように。

 

今月もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

節分&立春大吉の邪気払い

2018.02.03 Saturday

今日2月3日は節分。

立春のエネルギーが満ちる春が始まる日の前日に、
それまでのけがれを祓い心身を浄化する「豆まき」が行なわれます。
霊力のある豆のエネルギーで気の滞り祓う行事です。

鬼は外
福は内
無病息災や祈願成就を願ってくださいね。

 


先日の鎌倉出店の時にお客様からいただいた

差し入れのお豆をいただきます。

 

可愛らしいパッケージのお豆さん

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

明日は2月4日は立春です。

立春とは冬が終わり春が始まる節目の日のことで、
昔は立春が1年の始まりとされていたそうです。

暦の上では、1年の始まりは正月で、生活の始まりは立春と、

別のものととらえられていたそうです。

 

立春大吉とは

立春の日に、禅寺の門前に張り出される文字やお札のこと。

 

立春の前日である「節分」の日に豆まきをして一年間の厄を払って

新しい一年の始まりである立春の日に、厄が来ないようにという願いを込めて

「立春大吉」のお札を貼ったことが今も続いているそうです。

 

「立春大吉」を縦に書くと左右対称です。

 

薄い紙に縦に書くと、表から見ても裏から見ても

「立春大吉」と読むことができます。

 

それで、表から見ても裏から見ても

同じことが書いてあるように見える札や紙を入り口に貼ると、

鬼が入ってきて振り返ってお札を見たときに

「まだ家に入っていないんだ」と思って、逆戻りして出ていくということです。

 

厄除けになるということで「立春大吉」の札が張り出されるようになった、

という説があります。

 

 

自分で半紙などの白い紙に書いて貼ることでも良いようです。

〈時間〉

・深夜0時〜早朝に貼る

〈場所〉

・玄関に向かって右側

・玄関の内側の場合は右目線の位置

・神棚

〈片付け〉

・神社で古札としてお炊き上げ

 


春に向けて心身を浄化して無病息災を願ってくださいね。

 

楽しい素敵な、節分&立春をお過ごしください。

 

 

立春は新しいサイクルの始まり

2018.02.01 Thursday

昨夜の皆既月食。

観ましたか?

わたし観ました。。

赤銅色の美しい満月でした。

神秘的な夜空を眺めるのが好きで

特に寒い冬の夜空が大好きです。

 

 

今日から2月ですね。

寒さが厳しい2月ですが、

節分・立春と春の準備の月です。

 

今年の立春は 2月4日。

立春は新しいサイクルの始まりです。

節分に邪気払いの意味がこめられる豆を食べ

エネルギーが満ちる春に備えましょう。

 

 

今月もマンナのお客様が幸せでありますように

ブログを見てくれている方々が笑顔でありますように

 

今月もよろしくお願いいたします。

 

 

 

メリークリスマス☆

2017.12.24 Sunday

 

街は華やかです。

今日は子供も大人もワクワクする特別な日。

 

 

 

自由が丘のイルミネーション

 

 

 

 

クリスマスは美味しいものを食べて

たくさん笑ってくださいね。

 

 

素敵なクリスマスをお過ごしください。


Merry Christmas ツリー

 

 

 

 

冬至

2017.12.20 Wednesday

12月22日は冬至です。

 

冬至は、一年で最も昼が短く夜が長い日。

かぼちゃを食べてゆず湯に入り体を温める日。

太陽に感謝をする日でもあります。

 

 

かぼちゃを食べることは、
カロチンやビタミンを多く含まれる かぼちゃを体内に入れて風邪の予防。

冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないと言い伝えがあります。
そして、金色のかぼちゃは金運アップとされたようです。

 


ゆず湯に入浴は、
寿命が長く病気にも強い柚子の木にならって、
無病息災を祈る風習がありました。

ゆず湯は血行が良くなり身体が温まるため、

風邪を防ぎ皮膚を強くする効果があるそうです。

 

 

 

 



そして冬至に「ん」のつく食べ物を食べると幸運になると言われています。
みかん・きんかん・にんじん・れんこん・うどん。

「冬至の日が天気よければ翌年は豊作」
と信じていたようです。
昔の人は縁起が良いことを、いろいろと信仰していたのですね。

決まりごととして、行事としていた訳ではなく

風邪予防や無病息災など、理に適っている。

現代日本で生きる私たちは受け継いでいきたいものです。

 


冬至の日は、かぼちゃを食べて、ゆず湯に入り、
心も体もぽかぽか温かくして無病息災を願いましょう♪

 

太陽に感謝をして

素敵な冬至をお過ごしください。