箱根神社 子宝の杉

2018.05.17 Thursday

先月末、箱根神社へお参りに行きました。

私にとってご縁のある神社さんです。

 

九頭龍神社は、2000年から約5年間で30回以上、

毎月13日に行われる月次祭を参拝させていただいておりました。

朝一でお参りして、この後に毎回必ず箱根神社をお参りさせていただいていました。

 

九頭龍神社の月次祭は、2000年頃は参拝者も30人くらいしかいませんでしたが、

パワースポットとして人気になり、10年後には2000人を超える人々が芦ノ湖を渡り

九頭龍神社へ向い大混雑になったので、私は13日は行くのをやめてしまいました。

人気運アップという事もあり、初めの頃の参拝者は芸能人や政界の方が多く

その後はホストやキャバ嬢さんたちが団体でお参りするようになりました。

 

今では恋愛運アップのパワースポットとして雑誌媒体等で紹介されてからは

若い女性の参拝者が大半を占めます。

毎月13日朝一の参拝は清々しく気持ちが良いです。

でも落ち着いて参拝をするには、13日以外に

箱根神社のお隣の九頭龍神社 新社をお参りするのも良いかと思います。

 

 

 

 

九頭龍神社 新社

 

九頭龍神社へ行くときは必ず雨が降っていて

お参りの後に必ず晴れます。。

 

 

 

 

 

 

 

そして本題の箱根神社と子宝杉

 

 

 

 

 

 

 

本殿の隣に置かれている「なで小槌」

 

「なで小槌」に願いを込めて3回なでてから、

お守り売り場で「小槌守 500円」を買うと、

小槌守が「所願成就の打出の小槌」となるとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安産杉(子宝杉)

鎌倉幕府を開いた源頼朝と、その妻北条政子も

ご懐妊時にお参りしたと言われる「安産杉」

箱根神社の鳥居をくぐり、右側の門を抜けたところにあります。

 

樹のエネルギー、生命パワーを感じる大きな杉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安産杉の説明が書かれています。

テープで隠されているところには、

願いを込めて「左回りに7周回ると良い」と書かれていると思います。

多分ですが、。

以前はそう書かれていて、

毎月のように13日九頭龍神社へ参拝をしていた頃に

子宝に恵まれたいと一緒に行ったご夫婦が願いを込めて7周回りました。

そしたら、5年間ご縁がなかったご夫婦にお子が授かりました。

2人目が欲しいと4年後に、また杉の周りを回ったら、

またすぐに授かりました。

 

他にも一緒行った人、かなりの確率で妊娠&安産をしています。

 

 

 

 

 

 

九頭龍神社がパワースポットとして大人気になり参拝客が増えたので、

この杉の周りをたくさんの人が回るようになったので

左回り7周。の説明は隠されてしまったように思います。

 

杉の根元に子宮のような穴が空いています。

そこに手を合わせ願い、その場所から7周回ると良いようです。

 

箱根神社と九頭龍神社。

龍神様のエネルギーの神社さんです。

生命力を高めたいときに、迷いがあるときに

お参りするとご利益があるように思います。

 

そして、神社のお参りの際の食事は

地のもの、長い物を食べると良いですよ。

箱根神社なら、ワカサギ

長い物は、うどん、お蕎麦など。。

 

 

龍神エネルギー強し!!

お参りさせていただき、ありがとうございました。

 

 

白山比弯声

2018.04.06 Friday

全国三千社にのぼる白山神社の総本社。

石川県の白山比弯声劼愡嫁劼靴討ました。

 

4月1日だったので

おついたち参りもさせていただきました。

 

 

白山比彗膺世蓮奈良時代初期に完成した、

「日本書記」に登場する女神のひとりです。

 

富士山・立山と並ぶ日本三名山の一つで、

地元では「しらやまさん」と親しまれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

禊社

体を清め、罪やけがれを洗い流す場

 

 

 

 

 

三本杉のご神木

 

 

 

 

 

現世とあの世をつなぐ神様とも言われていて

神様が降りたとされる(?) 川も見てきました。。

 

橋の手前の右に曲がったところに神様が降りたらしいです。。

 

 

 

 

 

縁結び。というか魂の繋がり。

深いご縁を結んでくれる神様で、

北陸最強のパワースポットと言われています。

 

悩み事があるときなど、

山々に囲まれた神聖な境内で

ゆっくりと腰を下ろし、自分と向き合っていたら

メッセージが降りてきそうな

愛情深い温かい神様だと思いました。

 

お参りしたすぐに帰る。ではなくて、

ここの神様は、ゆっくりたっぷり時間をかけてお参りをして

境内を散策しながら自分を向き合うことをお勧めします。

 

穏やかな気が心地よかったです。

大きく深呼吸をすると本当に気持ちが良い。

とてもとても癒されました。

 

前々からご参拝させていただきたかった

神様へ行かれて良かったです。

またお礼参りに伺いたいです。

 

この日も早朝に参拝をさせていただいたのですが、

神社のお参りは午前が良いですね。

参拝者の少ない朝が良い。。

 

ありがとうございました。

 

白山比弯声

 

 

伊勢神宮と瀧原宮

2018.03.20 Tuesday

新月に合わせて連休をいただき、

伊勢神宮と瀧原宮へ参拝に行きました。

 

 

 

外宮

日の出と共にお参りしました。

早朝のお参りは気持ちが良いですね〜

 

 

 

 

内宮

 

 

 

お守り

伊勢神宮では毎回白のお守りを選んでいます。

 

 

 

 

気になっていた金色の御神酒のお皿もゲットしました。

 

 

 

 

 

 

瀧原宮

今回は少し足を延ばし、

伊勢神宮別宮の瀧原宮 (たきはらのみや)へ行きました。

ここは初めての参拝です。

ゼロ磁場のパワースポットとして知られていますが、

静かでゆっくりお参りできました。

 

 

 

 

 

御手洗川で清めて参拝へ。

個人的にここの場所が凄かった!

パワーが溢れているように感じました。

 

 

 

 

 

川へ下る石段に、ハート形の石が2つあります。

見つけられた人にラッキーなことが起こるそうです。

どこにあるか教えてもらってはいけないようで

なかなか見つからない、。

のですが、わたし2つ見つけちゃいました。。

 

 

 

 

ゼロ磁場で木がねじれています。

とても気持ちの良い参道です。

 

 

 

お参りの順番が記載されています。

 

 

 

 

お宮が4宮ありますが、4宮ともお参りをしたら

ゼロ磁場の影響なのか、お宮に手を合わせて眼をつぶると

ぐあんぐあんしました。。

お参りをしてこんな不思議な感覚は初めてで、

大げさと思われるかもしれませんが、

一瞬で違う世界へ行きました。

 

瀧原宮

 

 

 

 

また必ずお参りをさせていただきます。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

おかげ横丁の、てこね寿司。

伊勢うどんより、てこね寿司派です。

 

 

 

 

天候も良く、素晴らしいお参りでした。

 

 

 

 

1年前のお守り

2017.11.22 Wednesday

神社やお寺へお参りへ行くと

ついつい買ってしまうお守り。

最近は可愛らしいデザインのお守りがたくさん売られています。

 

 

いろいろな神様やお寺をお参りすることが好きで

どんどん増えてしまった今年購入したお守り。。

 

 

 

 

 

こちら以外にもいただき物のお守りもあります。

お気に入りもあるし、やっとゲットできたお守りもある。

1年経ったら手放すのは忍び泣い、、。

 

でも風水では、1年前のお守りを持っていると

新しいお守りの効果を得られないといいます。

 

神社でも新しいものほど穢れ(けがれ)が少ない

常若(とこわか)という考えが根付いているため、

古くなったお守りの買い替えが推奨されています。

 

私のように、可愛らしいお守りだからと、

次々に購入するのは良くないのかもしれません。

 

いろいろな神様や仏様をお参りをするのは良いと思いますが、

あちらこちらのお守りを持つことより、

「ここ!!」という神社やお寺のお守りを

1〜3個を大切にするのが良いのかもしれませんね。

神棚も、天照大神・氏神さま・崇敬している神社のお神札ですものね。

 

とはいえ、、

可愛らしいお守り好きです。

来年もたくさん買ってしまいそうです。。

 

 

買った神社お寺でなくても

神社のお守りは神社へ

お寺のお守りはお寺へ

返納してくださいね〜

 

 

 

大善寺 ぶどう寺

2017.11.15 Wednesday

山梨県甲州市にある大善寺を拝観させていただきました。

 

 

ぶどう畑に囲まれる大善寺のご本尊は、手にぶどうの房を持った珍しい薬師如来像です。

なぜぶどうの房を持っているかというと、

養老2年(西暦718年)に行基という僧が甲斐の国を訪れたときに、

手にぶどうを持った薬師如来が夢に現れました。

以来、行基は薬園をつくって民衆を救い、法薬のぶどうの作り方を村人に教えたので、

この地にぶどうが栽培されるようになり、これが甲州葡萄の始まりだと伝えられています。

 

 

 

石の階段を上がると、国宝薬師堂が現れます。

紅葉が綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

5年に1度、わずか1週間だけ御開帳され拝することができるのですが、

大善寺にはこのほかにも、築730年以上にもなる国宝の本堂・薬師堂や

17体の国重要文化財貴重を多数保有しています。

 

次回のご開帳の予定は、平成30年10月1日〜14日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釈迦が悟りを開いた菩提樹

瞑想ができるように木の椅子が並んでいます。

 

 

 

大善寺では敷地内にある、ぶどう畑で採れたオリジナルワインを醸造しています。

赤と白の2種類のワインと、ぶどうジュースを楽しめます。

私は白ワインをいただきました。。

 

 

とても落ち着くお寺で、ずっとこの場に居たい気持ちになりました。

住職のご家族さんも親切でお話をさせていただきました。

 

民宿大善寺という宿坊もあるので、

次回は泊まりでゆっくり拝観させていただこうと思います。

 

 

大善寺 ぶどう寺