冬至

2019.12.21 Saturday

ご注文をいただいているお客様

お直しを承っているお客様へ

お届けが大変遅くなりまして申し訳ございません。

近日中に発送をさせていただきます。

発送をしましたらご連絡いたします。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

12月22日は冬至です。

冬至は、一年で最も昼が短く夜が長い日。

かぼちゃを食べてゆず湯に入り体を温める日。

太陽に感謝をする日でもあります。

 

 

かぼちゃを食べることは、
カロチンやビタミンを多く含まれる かぼちゃを体内に入れて風邪の予防。

冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないと言い伝えがあります。
そして、金色のかぼちゃは金運アップとされたようです。

 


ゆず湯に入浴は、
寿命が長く病気にも強い柚子の木にならって、
無病息災を祈る風習がありました。

ゆず湯は血行が良くなり身体が温まるため、

風邪を防ぎ皮膚を強くする効果があるそうです。

 

 

 

 

 



そして冬至に「ん」のつく食べ物を食べると幸運になると言われています。
みかん・きんかん・にんじん・れんこん・うどん。

「冬至の日が天気よければ翌年は豊作」
と信じていたようです。
昔の人は縁起が良いことを、いろいろと信仰していたのですね。

決まりごととして、行事としていた訳ではなく

風邪予防や無病息災など、理に適っている。

現代日本で生きる私たちは受け継いでいきたいものです。

 


冬至の日は、かぼちゃを食べて、ゆず湯に入り、
心も体もぽかぽか温かくして無病息災を願いましょう♪

 

太陽に感謝をして

素敵な冬至をお過ごしください。